切り絵作家riyaさんの切り絵アートとワインの斬新マリアージュ!

riya&インツォリア

ワインプロデューサーのおーみんです!

ワインとアートのペアリングをご紹介します。

関西を代表するラジオ局FM802とワインプロデューサーおーみんのコラボレーション企画

切り絵作家riya

関西を代表するラジオ局FM802とワインプロデューサー大西 タカユキ(おーみん)のコラボレーションで2013年12月にワインから生まれるアート展「SEVEN -7-」を開催しました!

ちなみに、その時のフライヤーがコチラ!

ワインから生まれるアート展「SEVEN-7-」

なかなか斬新でしょ??
当日は、すごくクリエイティブな空間となり、かなり盛り上がりました!!

この画期的な展覧会に出品された「ワインを飲んだイメージで制作された作品」と「そのモチーフとなったワイン」を、ご家庭で絵を観ながらワインを楽しんでいただける「アートギフト」にしました!

riyaさんに対するワインセレクトテーマは、「刺激」

切り絵作家riyaさんのプロフィール

切り絵作家riya
riya(リヤ)1985.06.11 ♀ japan 切り絵作家

1985年アメリカ、シカゴ生まれ。
切り絵の手法で、動物や人間、波、雲、炎、星などのアイコンを並べ、エコロジカルな視点を感じさせながら、どこか呪術的、民族的な作品を制作する。原画での作家活動をベースに、雑誌イラストや映像作品、テキスタイルデザイン、ファッション、コラボグッズのデザインなど、切り絵で幅広く活動中。

ワインのテーマは、「刺激」

ワインから生まれるアート展「SEVEN -7-」に出品する作品のモチーフとなるワイン選びは、riyaさんの過去の作品を観てワインプロデューサー大西 タカユキがテーマを決めました。

そのテーマは、「刺激」。

riyaさんの作品には、独特な世界観があります。 特に、エキゾチックな「刺激」を感じたので、 いろいろな意味で「刺激」というテーマでモチーフとなるワインをセレクトしました!

モチーフとなったワイン 「フェウド・アランチョ インツォリア」

フェウドアランチョインツォリア

このワインは、イタリアのシチリア島の固有品種インツォリアから生まれる爽やかでフルーティーな辛口白ワイン。味わいの「刺激」というよりは、ラベルの色調とデザインから受けるエキゾチックな「刺激」が何とも、riyaさんの作風と通じるものを感じる!それもそのはず、シチリア島は1300年前にアラブ勢力に支配されていたことがあり、ラベルにあしらわれているのも、当時のアラビアの陶器のエキゾチックな絵柄なのです。

ワインのデータ

  • ワイン名:フェウド・アランチョ インツォリア
  • 産地:イタリア・シチリア州
  • 味わい:白・フルーティーでスッキリ爽やかな辛口
  • ぶどう品種:インツォリア100%
  • 合う料理:野菜のロースト、温野菜
  • ワインの説明:
    レモンのような酸のキリっとした果実、白い花の香りが漂います。 洋ナシやメロンのような果実味豊かで、心地良い酸味とミネラル感があり、爽やかでありながら程よくボリュームを感じます。 全体的なバランスが見事で、個性的なのにスッとカラダに入ってくる親しみやすさを持った名酒です!

このワインから生まれたアートがこちら!

riya&インツォリア

作者・切り絵作家riyaさんの解説

切り絵作家riya

ワインを飲んだ時の最初のキリッとしたインパクトはレモンイエローの流星に、香りは白い花模様のイメージに、思い浮かんだ風景を描きました。ワインもアートも、五感をつかって自分の好きにイメージをひろげて楽しめるところが素敵です。少しでもフェウド・アランチョ インツォリアの世界観をアートでも楽しんで頂けたら幸いです。

ワインプロデューサー大西タカユキの感想

大西 タカユキ(おーみん)

大西 タカユキ(おーみん)

初めて作品を観た時、いかにもriyaさんらしい作品、そしてriyaさんにしか生み出せない作品だなぁと感じました!ワインの外観のイメージだけでなく、その色合いに何となくワインを飲んだ時の印象も感じるのがオモシロイ!!作品の中にいろいろなモチーフが入っているので、観ていて飽きません!

ワインを飲みながらゆっくりと眺めたいですね!

現代アーティストの新しい表現技法ジークレー・ド・グラフィック

お届けする作品は、ジークレー作品となります。

ジークレー(ジクレー)とは、フランス語で「吹き付けて色を付ける」という意味で、リトグラフやシルクスクリーン版画と違い、版を用いずに刷り上げるのが特徴です。ポスターのような作品のコピーではなく、作家が監修しているため1作品1作品に作家の手書きのサインと証明書が付きます。

作家のサイン&証明書付き!!

サイン入り

音楽業界に例えると、ミュージシャンが著作権を持ったCDのようなイメージです。

原画は、当然価格が高いですが、ジークレーで作品を作ることで、作家自身が監修した高品質な美術作品を安価で提供できるようになり、ファンも作品を購入し易くなるというメリットがあり、アートをより身近にする「変革」と言われています。

アクリルフレーム付きなので壁でも卓上でもOK!

アートとワイン

アクリルフレームに入った状態で届くので、すぐに飾ることができます!

壁にかけることも、卓上に飾ることも可能!

アートを眺めながら、モチーフになったワインを愉しむという「贅沢なひととき」を満喫できます。

ここでしか購入できないレアもの!ギフトにもおすすめ!

ワインから生まれるアートギフトシリーズは、レモンタージュだけの限定アイテムです!他では、手に入らないレアもの!!ご自宅用にもギフトにもおすすめです!

熨斗(のし)無料でお付けします!

熨斗

熨斗は、無料で対応します!

お買い物かごに入れていただいた後の注文確認画面で熨斗(のし)内容をご指定いただけます!

riyaさんのアートとモチーフになったワイン3本のスペシャルセット!
  • riyaさんの切り絵アート「フェウド・アランチョ インツォリア」(ジークレープリント) × 1枚
  • アクリルボード × 1個
  • フェウド・アランチョ インツォリア(白ワイン) × 3本

→ 商品の詳細ページはこちら

葡萄が苦手にもかかわらずワイン輸入業者に入社。そこでワインの魅力に目覚めてヨーロッパ各地のワイナリーを訪問して経験を積み、2011年に独立。ワインと料理のペアリングに特化したメディア通販「レモンタージュ 」の運営、飲食店プロデュースなどを通じて「日本にただ一人のワインプロデューサー」として活動中。また、茶道、書道、音楽、アートなど、様々な業界とワインのコラボイベントを実現し「ワイン界の異端児」と呼ばれている。

ワインプロデューサー大西 タカユキ公式ウェブサイト

関連記事

  1. キュヴェナミダ

    「涙」という名のシャンパーニュはなぜ生まれた?

  2. ドウロ

    魚に合うポルトガルの土着品種連合!

  3. 生牡蠣とワイン

    生牡蠣に合うワインを発見。しかも覆面!?

  4. スペイン白ワインの傑作!ガリシアの“隠れた逸品” 「Flower and the Bee」

  5. 陶器でワインを愉しむためのワイン用酒器SAKAZKI(さかずき)

  6. ワインとチョコレートのペアリング実験!【レモンタージュ ペアリングラボ(研究所)vol.1-その1】

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 縁起物わいん×グリッシーニ プレゼント企画!

  2. キュヴェナミダ

    「涙」という名のシャンパーニュはなぜ生まれた?

  3. 厳選!お試しセットが出来ました!

  4. 北雪

    ワイン好きにおすすめの日本酒!攻める酒蔵「北雪」

  5. シャススプリーン

    コロナを追い払うメッセージ性を持つワインがあるんです!

  1. 衝撃!?ホタルイカに合うおすすめワインとは?

  2. 生牡蠣とワイン

    生牡蠣に合うワインを発見。しかも覆面!?

  3. 練り切りとソーテルヌ

    練り切りの和菓子と貴腐ワインの感動マリアージュ!

  4. 三色団子とロゼスパークリング

    三色団子をロゼスパークリングに浸す!?

  5. ばら寿司

    ばら寿司に合う意外なワインを発見!

アーカイブ一覧