サバに合う酸化防止剤無添加の白ワイン。

ワインプロデューサーのおーみんです!

今日は、ペアリングのお話。

魚介類を生臭くしてしまう、ワインの酸化防止剤。

トロサバの刺身

魚料理、特に刺身などとワインを合わせると、かなりの確率で生臭く感じてしまいます。

なぜでしょう??

最近だんだんとその理由が解明されてきました。
魚料理とワインを合わせると生臭くなる理由のうちのひとつは、ワインに含まれる酸化防止剤だと言われています。

実際に、ワインに含まれる酸化防止剤の成分「亜硫酸塩」が、魚やイカに含まれるDHAの分解に関わり、その際に生臭い香りを発してしまうことが研究によって明らかにされています。

では、魚料理にワインを合わせるにはどうすれば良いか??

酸化防止剤無添加のワインを選べば良いということになります!

酸化防止剤無添加のヴァン・ナチュールの魅力!

ナチュール

ヴァン・ナチュールとは、有機栽培のぶどうを使用して酸化防止剤無添加で造られたワインのことです。
→ 詳細はコチラで解説しています。「ヴァンナチュールとは?」

私も大好きなヴァン・ナチュール。その魅力をまとめてみました。

カラダに優しい。

ヴァン・ナチュールは、できるだけ自然に造られます。

自然に寄り添って造られたワインと、工場で人工的に造られたワイン。どちらが人間のカラダに優しいでしょうか?

これは個人的な実感ですが、ヴァン・ナチュールを飲んだ次の日が楽です。同様のお話をお客様からもよく耳にします。カラダに優しいのがヴァン・ナチュールの魅力。

滋味あふれる味わい。

ヴァン・ナチュールは、無濾過で濁っているものも多く存在します。

そのようなワインは特に、よく「滋味あふれる味わい」と表現されるのですが、旨味がたっぷりと含まれていて優しい味わいのものが多いです。この飲み飽きしない「滋味あふれる味わい」もヴァン・ナチュールの魅力。

和食に出てくる魚介類に合わせやすい。

魚料理と合わせても生臭くならないので、刺身やお寿司などの生魚とも合わせやすいですし、焼き魚などとも安心してペアリングできます!

特に和食との相性の良さもヴァン・ナチュールの魅力。

環境にも優しい。

有機栽培のぶどうを使えば、農薬の量も減ります。そうすれば、地球環境への負荷も少なくなります。

自然派の造り手は、環境への意識も高いので、ヴァン・ナチュールを選ぶことで少し環境問題にも貢献できるのです。環境にも優しいのがヴァン・ナチュールの魅力。

Minori(みのり)という名の付いた日本限定ブランドのヴァン・ナチュール

minoriラベル

特に和食の魚料理に合うなぁ〜と思うのが、このヴァン・ナチュールの白ワイン「ドメーヌ・グザヴィエ・ヴァイマン Minori ピノブラン」です!

フランスの銘醸地アルザス地方の辛口白ワインなのですが、有機栽培のぶどうを使用して、酸化防止剤は無添加で造られる超自然派ワイン!「minori(みのり)」というブランドは、ヴァン・ナチュールの巨匠クリスチャン・ビネールが醸造コンサルタントとして加入し、日本限定ブランドとしてリリースした日本限定品です。

無濾過なので濁ったイエロー!

濾過していないので、濁っています!それでもイエローに輝く美しいワイン界のにごり酒。

ゆずのような香り!

鮮烈なゆずのような香りにとっても癒されますし、この香りが和食に合うポイント!!

ほのかな苦味が良い!

濾過していないので濁っている代わりに旨味成分がたっぷり残っています。じっくり味ってみると、辛口なのですが果実本来の甘みと共にほのかな苦味も感じられます。この苦味がとっても良いアクセントになっていて、飲み飽きしません。

まさに、滋味あふれる味わいのヴァン・ナチュール!!

minori裏ラベル

あらゆるサバ料理と最高のマリアージュ!

今回ペアリングさせてみたのが、親交のあるサバ博士右田孝宣社長が運営する株式会社鯖やさんの「自宅でサバサバセット」!

◆とろさばお刺身
◆とろさばんの塩焼
◆炙りさば棒寿司

が届きました!!

早速、「ドメーヌ・グザヴィエ・ヴァイマン Minori ピノブラン」とペアリングしてみました!

まずは、とろさばお刺身とペアリング!

サバ刺身

ドメーヌ・グザヴィエ・ヴァイマン Minori ピノブラン」を合わせてみると、全く生臭くならないどころか、トロサバの旨味をさりげなく引き立てています!そして、柑橘系の香りがあるのでお刺身の余韻が爽やかに!!

続いて、サバの塩焼きと!これはマリアージュ!!

焼きサバ

ワインに含まれるほのかな苦味が生きるのがこのペアリング!!

塩焼きの焼いた風味にほのかな苦味があるので、ワインの苦味と共鳴して凄まじくフィットします。そして、白ワインにある酸味とゆずのような香りがサバの塩焼きに加わって、まるで柑橘系を絞って塩焼きにかけたかのような感覚に!

これは、まさにマリアージュ!!

〆は、炙りさば棒寿司で!!

鯖鮨

サバ本体とこのワインがよく合うのはもう分かっていたのですが、なんと酢飯にも合う!!

穏やかな味わいの酢飯と、「ドメーヌ・グザヴィエ・ヴァイマン Minori ピノブラン」のクリアな酸味が似ている上に、ワインに旨味があるので米ともよく合う!!

 

このように、「ドメーヌ・グザヴィエ・ヴァイマン Minori ピノブラン」は、サバ料理全般にめちゃくちゃよく合うことが分かりました。
これはもう、サバワインだ。

ドメーヌ・グザヴィエ・ヴァイマン Minori ピノブラン(日本限定ブランド)

酸化防止剤は添加していませんが、醸造過程で酸化防止剤と同じ成分の亜硫酸塩が自然発生するので、ごく少量含まれています。そのため、裏ラベルには「酸化防止剤(亜硫酸塩)」と記載があります。

■産地
フランス・アルザス地方
■タイプ
白・フルーティーでスッキリ爽やかな辛口
■ぶどう品種
ピノブラン100%
■合う料理
鯖の塩焼き、お刺身、お寿司

→ 商品の詳細はコチラ

葡萄が苦手にもかかわらずワイン輸入業者に入社。そこでワインの魅力に目覚めてヨーロッパ各地のワイナリーを訪問して経験を積み、2011年に独立。ワインと料理のペアリングに特化したメディア通販「レモンタージュ 」の運営、飲食店プロデュースなどを通じて「日本にただ一人のワインプロデューサー」として活動中。また、茶道、書道、音楽、アートなど、様々な業界とワインのコラボイベントを実現し「ワイン界の異端児」と呼ばれている。

ワインプロデューサー大西 タカユキ公式ウェブサイト

関連記事

  1. サバの味噌煮

    流行りのサバ缶はワインのおつまみになる!?

  2. 春をお家で愉しもう!山菜・野草料理とペアリング!(レシピ付)

  3. オレンジワインと和牛カルパッチョ

    肉料理には、赤じゃなくてオレンジワイン!?

  4. ハートの甘口赤ワイン

    ハートラベルの甘口赤ワインとバニラアイスは絶品!

  5. 豚バラの浜納豆炒め

    豚バラの浜納豆炒め×南仏のまろやか赤ワイン

  6. ビュゼエグジット

    試行錯誤して辿り着いた酸化防止剤無添加ワインの出口「ビュゼ エグジット」!

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. サバに合う酸化防止剤無添加の白ワイン。

  2. カレー

    Zoom生中継!ワイン屋と料理人によるスリランカカレーとワインのペ…

  3. カラフェ3種

    ワインでお酌を!陶器のワイン用徳利【韻 -inn-】CARAFE(カラフェ)

  4. 陶器でワインを愉しむためのワイン用酒器SAKAZKI(さかずき)

  5. 色ペアリング

    ワインと料理のペアリング方法【基礎編STEP1】色ペアリング

  1. 練り切りとソーテルヌ

    練り切りの和菓子と貴腐ワインの感動マリアージュ!

  2. 三色団子とロゼスパークリング

    三色団子をロゼスパークリングに浸す!?

  3. ばら寿司

    ばら寿司に合う意外なワインを発見!

  4. 「すごい!マリアージュは本当にあったんだ!」感動の美味しさ!最…

  5. いなり寿司と日本の赤ワインの驚くべき出逢い。

アーカイブ一覧