ワインとチョコレートのペアリング実験!【レモンタージュ ペアリングラボ(研究所)vol.1-その1】

ワインとチョコレートのペアリングを行うにあたって、ペアリングって何?というところからご説明いたします!

ペアリングとは


マリアージュとは

ペアリングをする時はチョコレートを選ぶ?ワインが先?

深く考えずに、自分が知りたいアイテムを主軸に持って来ましょう!

今回個人的に知りたいチョコレートとのペアリングとしては
「ミルク系(甘い)」「ダーク系(カカオ分多くて苦い)」「ナッツ系」
「オランジェット(オレンジピールの入ったチョコレート)」
の4種類だったので、この考えをベースにまずはワインをセレクト。

一般的に白ワインとチョコレートは合わないという認識ですが、果たして本当に合わないのか?

ペアリングの基本的な考え方として「香りを合わせる」という考え方がありますが、
好きな香りのワインと組み合わせたらどうなるの?と思い、
私が個人的に大好きな白ぶどうの品種、バラとライチの香りが特徴のゲヴェルツトラミネールも紛れ込ませてみました。

もくじ
【1】ペアリングのためにセレクトしたワイン4種
【2】ペアリングのためにセレクトしたチョコレート8種
【3】いざ!ワインのテイスティング開始!
【4】続いて赤ワインのテイスティング!

【1】ペアリングのためのセレクトしたワイン4種

  1. ◇白ワイン・辛口 デル・スール ゲヴェルツトラミネール レセルバ
  2. ◇オーガニックの白いサングリア ヴィーニャ マカテラ ホワイト サングリアBIO
  3. ◇赤ワイン泡・やや甘口 ボッチオーロ ランブルスコ・グラスバロッサ ヴィノ フリッツァンテ ドルチェ
  4. ◇赤ワイン・ミディアムボディ プレジディアル テュニュヴァン

従来の「合う」と言われているものは敢えて選ばず、「合わない」と言われているものが

  • どんな風に合わないのか?
  • ペアリングで出てこないワインを合わせてみたらどんな結果になるのか?

このあたりも実験してみたいと思います!

【2】ペアリングのためにセレクトしたチョコレート8種

次はチョコレート。

百貨店の5粒2,700円のチョコレートのショーウィンドウに張り付きながら
「おーみん、これは経費で落としてくれないだろうな~」
と思いつつ、お手頃で美味しいチョコの代名詞「リンツ」に飛び込んで、8種類のチョコレートをセレクト。
 


選ばれしチョコレート

  1. ミルクチョコレート
    甘み ★★★★★   ビター感☆☆☆☆☆ フレーバー ★☆☆☆☆
  2. ミルクチョコレート クラシック(1より甘さ控えめ)
    甘み ★★★★☆   ビター感☆☆☆☆☆ フレーバー ★☆☆☆☆
  3. ミルクチョコレート ヘーゼルナッツ入り
    甘み ★★★★☆   ビター感☆☆☆☆☆ フレーバー ★★☆☆☆
  4. ミルクチョコレート ヌガー
    甘み ★★★★★   ビター感☆☆☆☆☆ フレーバー ★★☆☆☆
  5. マールシャンパーニュ入り
    甘み ★★★★☆   ビター感★☆☆☆☆ フレーバー ★★★★★
  6. ダークチョコレート オレンジピール入り
    甘み ★★★☆☆   ビター感★★★☆☆ フレーバー ★★★★★
  7. ダークチョコレート 70%
    甘み ★★☆☆☆   ビター感★★★★☆ フレーバー ★★★☆☆
  8. ダークチョコレート 85%
    甘み ★☆☆☆☆   ビター感★★★★★ フレーバー ★★★☆☆


え・・・多い・・・。
と思った方。

微妙な甘さの違い、15%のカカオ分の違いなどで、ビックリするくらい面白い結果の違いが出たので、是非是非全種類お付き合いください!

【3】いざ!ワインのテイスティング開始!

4種類のワイン×8種類のチョコレート=32通りの味わい。

おーみん「どうする?先にワインテイスティングする?それとも最初からチョコレートと合わせる?」
ふじこ 「うーーん・・先にワインのテイスティングをしましょうか。ペアリングってワインを吐き出さずに飲み込むから、最後の方ワインの味分からなくなりますし。」
おーみん「了解。実験終わってもキチンと仕事してや」
ふじこ 「・・・・・。」
おーみん「・・・・・。」


という事で、チョコレートとのペアリング確認前に、一通りワインのテイスティングを実施。
まずはあまりチョコレートと合わせることが少ない、白ワイン2種類から。

デル・スール ゲヴェルツトラミネール レセルバ(白ワイン・辛口)→商品はこちら

ふじこ テイスティングコメント


淡い黄金色が美しい。桃、パイナップル、ライチの芳醇な香り。酸が心地よい。
しっかりとした味わいだが、濃くて重たい感じはなく、酸が強いのでさらっと飲めてしまう。
バランスも良く、後味も甘い芳香が残る。
アルザスのゲヴェルツのようなバラの香りはほぼ感じられないが、南国系のフルーツの香りが楽しめる。

ヴィーニャ マカテラ ホワイト サングリアBIO(白ぶどう品種とオレンジやレモンなどの柑橘系とブレンド、やや甘口)→商品はこちら

ふじこ テイスティングコメント

濃い黄金色。シトラス系の良い香り。
アルコール8%(ワインのアルコール度数は平均1015%)なのでアルコールが低くて飲みやすい。
砂糖を一切補填していないので、砂糖特有の甘さではなく自然の甘さなのでしつこくない。
シトラス系の酸味と合わさって、スッキリとした甘さが楽しめる。
口の中に入れるなり口が喜んでしまって飲んでしまうため、吐き出せない。
美味しい!女子のほとんどがこのワイン好きだと思う!

【4】続いて赤ワインのテイスティング!

続いて、赤ワイン2種類です!

ボッチオーロ ランブルスコ・グラスバロッサ ヴィノ フリッツァンテ ドルチェ(赤ワイン泡・やや甘口)→商品はこちら

ふじこ テイスティングコメント

濃いガーネット。搾りたてのぶどうジュースの香り。甘い中にみずみずしさがある。
泡がきめ細かくてシュワっとして心地よい。甘口なのに酸味があって後味はスッキリしている。
ドライフルーツ、マンゴーなどに合わせて飲みたい。


プレジディアル テュニュヴァン(赤ワイン・ミディアムボディ)→商品はこちら

ふじこ テイスティングコメント

煮詰めた黒糖の香り、ベリー、ジャム、チェリーやベリー系のいい香り!
ボルドーワインらしい力強さと洗練された味わい。
滑らかでバランスが良い、渋みもあるが、スッとしていて後味が重すぎない。
ワインの存在感が良く、すっきりと美しい。

ワインのテイスティングが終わったら、次はペアリングを実施!
3つのペアリング結果に分けたので、気になる結果からご覧ください。

次回:「思わず無言に・・これは合わない!ワインとチョコのNGペアリング!」に続く。




ワインの輸入会社のグルメ担当バイヤーとしてヨーロッパ中心に買い付けに行く中で「ワインと料理のマリアージュ(最高の組み合わせ)」に感動し、料理の道へ。高知県の有機の里で土作りや野菜作りを学んだ後、ミシュランを獲得している大阪の割烹にて修行し、その後独立して岩手で地域振興カフェを立ち上げる。企業や地方自治体との共同開発で地元食材を使った商品開発を行う傍ら、現在は、出張料理人として活動しながらレモンタージュのフードプロデューサーを担当している。

関連記事

  1. よだれ鶏

    しっとり柔らか「よだれ鶏」に合わせたくなる自然派オレンジワイン 。

  2. サバの味噌煮

    流行りのサバ缶はワインのおつまみになる!?

  3. 衝撃!?ホタルイカに合うおすすめワインとは?

  4. 豚バラの浜納豆炒め

    豚バラの浜納豆炒め×南仏のまろやか赤ワイン

  5. 「ペアリングってこうだよね!」納得の組み合わせ!【レモンタージュ ペアリングラボ(研究所)vol.1-その3】

  6. サバに合う酸化防止剤無添加の白ワイン。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. ワインに合うおつまみ

    居酒屋メニューの定番!ホッケと合うワインは?

  2. 安曇野ワイナリー畑

    信州・安曇野ワイナリーオンライン見学レポート!

  3. 衝撃!?ホタルイカに合うおすすめワインとは?

  4. ペアリングラボ

    Zoom生中継!第3回ペアリング実験!「ペアリングWeeeeekで貰えるお…

  5. SAKAZKI大きさ

    造り手をバーチャル訪問!陶器のワイン用酒器SAKAZKI(盃)で楽しむ…

  1. 衝撃!?ホタルイカに合うおすすめワインとは?

  2. 生牡蠣とワイン

    生牡蠣に合うワインを発見。しかも覆面!?

  3. 練り切りとソーテルヌ

    練り切りの和菓子と貴腐ワインの感動マリアージュ!

  4. 三色団子とロゼスパークリング

    三色団子をロゼスパークリングに浸す!?

  5. ばら寿司

    ばら寿司に合う意外なワインを発見!

アーカイブ一覧