世界的に注目されつつあるメンシア種の帆立ラベルがオススメ!

メンシア

ワインプロデューサーのおーみんです!

本日は、10月18日に開催したワインイベント「ワインの楽宴2020 - プラネットナイン -」で出品したワインの中から、注目の土着品種メンシアのワインをご紹介します!

HOSHINO&おーみんコンビで注目の土着品種を厳選!

星野さん

今年のワインの楽宴では毎年恒例なのですが、今年も輸入会社である株式会社稲葉の盟友HOSHINOさんにコーナーを担当していただきました!HOSHINOさんはイケメン&爽やかなので、コーナーは女性に大人気(笑)

HOSHINOさんとおーみんのコンビで、注目の土着品種を5種類厳選しました!!

そのうちのひとつが、スペインの土着品種メンシアの赤ワイン!

世界的にもユニークな土着品種メンシアとは?

ビエルソ、そして近郊のガリシア周辺でのみ栽培される土着品種。房や粒は中くらいの大きさ、様々な土壌に適応できる品種。

果皮が薄いため、タンニンは控えめ。

分かりやすく言うと、ピノ ノワールとカベルネフランの間くらいで、たいへんデリケートな品種。

イチゴやラズベリー、レッドカラントのアロマ。若いうちはフルーティだが熟成すると複雑さやミネラリティを感じるようになる。

60~100年樹齢の葡萄を樽熟成させた、ゴデリアを代表するメンシア種の赤ワイン

今年のワインの楽宴のテーマは、まだ見つかっていない未知の第9惑星を意味する「プラネットナイン」。

皆さんにとって、未知なる品種のワインに出会っていただくという想いを込めて。
そして、選んだのがコレ!

メンシア

2009年設立ですが、既にワインスペクテーターなどで高評価を獲得!

ゴデリアは、2009年に現オーナーのガルシア ロドリゲスによって設立されました。

DOビエルソの土着品種であり、世界でもユニークな品種のひとつメンシアとゴデーリョに注力したワインを造り出しています。

DOビエルソを選んだ理由は、まだまだ知られていない地域ですが、メンシアやコデーリョといった土着品種があり、なおかつ樹齢の古い葡萄が多く、将来性があると考えたからです。 設立から僅か10年ですが、スペインワインの評価本「ペニンガイド」で毎年高評価を獲得。また、2014年には「ワインスペクテーターTOP100」に選出、2017年にはワインスペクテーター誌で90点以上を獲得した世界のワイナリーが参加するアメリカで行われるイベント、「ワインスペクテーターのグランド ツアー」にD.O. ビエルソから初めて参加しました。

これは世界的に見てもトップの生産者であることを示した出来事のひとつで、既にDOビエルソでは欠かせない生産者の地位を築いています。

スペインのブルゴーニュ「ビエルソ」

ビエルソの葡萄栽培面積は、全体で3,500ha、全体の生産量は約800万本。

ビエルソでは、畑は小さな区画が点在しており、一つの生産者が小さな区画を何十ヶ所も所有しているため、「スペインのブルゴーニュ」と例えられます。

よく見るとラベルは、帆立貝!?

コデリアティント

ビエルソは、エルサレム、バチカンに並んでキリスト教三大巡礼地のひとつであるサンティアゴ デ コンポステーラへの巡礼路の途中にあります。いくつかあるルートの中の「フランスの道」と呼ばれる道沿いに位置しています。この巡礼の道しるべには、巡礼地のシンボルである帆立貝が描かれています。

この巡礼路はビエルソ、そしてスペイン北西部のワイン産地にとって重要な意味を持っています。もともと古代ローマ人たちによってこの地で葡萄の栽培が行われていました。 しかし、ワイン造りにおいて本格的な発展をもたらしたのは、巡礼地を目指したカトリックの修道士たちでした。

修道士たちはサンティアゴ デ コンポステーラに向かう途中、葡萄畑を見つけると、そこに教会や聖堂を建設しました。修道士たちはよい葡萄ができる優れた区画を見つけ、良質なワインを造るようになったのです。

このことはワイナリーのワイン造りとっても歴史上の大きな遺産です。そのため、修道士たちがもたらした歴史的遺産への敬意をこめて、巡礼路“エル カミーノ“のシンボルであるホタテ貝を、ワイナリーのロゴマークとしてラベルにも採用しています。

おーみんのテイスティングコメント

ワインプロデューサーおーみん

美しく輝く赤紫色。

新樽のバニラ、トーストなどの香りに、赤い果実、スパイス、など複雑なアロマ。

味わいはこなれてはいるが、まだまだ若々しい。タンニンは丸くて、エレガントで高級感のあるスタイル。樽の風味が甘く感じられてうっとりとさせられる。メンシアのポテンシャルに驚かされる逸品!!

◾️銘柄名 ゴデリア ティント
◾️容量 750ml
◾️ぶどう品種 メンシア
◾️産地 スペイン・ビエルソ
◾️味わい 赤・バランスが良く上品なフルボディ

→ 商品の詳細ページはこちら

 

葡萄が苦手にもかかわらずワイン輸入業者に入社。そこでワインの魅力に目覚めてヨーロッパ各地のワイナリーを訪問して経験を積み、2011年に独立。ワインと料理のペアリングに特化したメディア通販「レモンタージュ 」の運営、飲食店プロデュースなどを通じて「日本にただ一人のワインプロデューサー」として活動中。また、茶道、書道、音楽、アートなど、様々な業界とワインのコラボイベントを実現し「ワイン界の異端児」と呼ばれている。

ワインプロデューサー大西 タカユキ公式ウェブサイト

関連記事

  1. サバの味噌煮

    流行りのサバ缶はワインのおつまみになる!?

  2. ロゼワイン

    ロゼワインとは?

  3. ピジャージュ

    ピジャージュ(櫂入れ)とは?〜おーみんが造るオレンジワイン〜

  4. 三色団子とロゼスパークリング

    三色団子をロゼスパークリングに浸す!?

  5. プルミエールコートドボルドー

    1000円台で買える30年古酒「ドメーヌ・デュ・ムーラン1988」を試飲してみた!

  6. オレンジワインと和牛カルパッチョ

    肉料理には、赤じゃなくてオレンジワイン!?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 月の満ち欠けと共に造られたオーガニックのロゼワイン!ルナーリア…

  2. 長野の地下セラーで熟成させたお宝秘蔵古酒。井筒ワイン ナイヤガラ

  3. 豊富な酸を持つラボーソと エクストラ ドライ仕立てが生み出す絶妙…

  4. 過去2回「ワインスペクテーター」でベスト100に選ばれていますサヴ…

  5. 葡萄の魅力を最大限に生かした、赤い果実の風味が魅力的パルデバジ…

  1. 衝撃!?ホタルイカに合うおすすめワインとは?

  2. 生牡蠣とワイン

    生牡蠣に合うワインを発見。しかも覆面!?

  3. 練り切りとソーテルヌ

    練り切りの和菓子と貴腐ワインの感動マリアージュ!

  4. 三色団子とロゼスパークリング

    三色団子をロゼスパークリングに浸す!?

  5. ばら寿司

    ばら寿司に合う意外なワインを発見!

アーカイブ一覧